2010年11月08日

自分でひざの痛みを解消する「中川式ひざの痛み治療法」

ひざの痛みを解消するための安全な方法を知りたいですか?
しかもこれ以上ないくらい楽な方法があります。

中川式ひざ痛治療法という情報教材(DVD+冊子)がそれです。

これは、1日15分DVDを見るだけで劇的に症状が改善されたというそんな特別な方法を教えてくれます。


「痛みの原因」を知り、それらを根本から改善しなければ痛みは収まりません。すると無駄な時間を費やし、費用もばかになりません。

ハリやマッサージでも、すぐに元に戻ったり、痛みがひどくなってしまうこともあります。



「中川式」では、DVDで詳細に解説されているので、誰もが簡単に実践できます。


また、この「中川式治療法」には、3つの保証が付いています。

まずは、「返金保証」です。このプログラムを試して効果が感じられなかった場合、全額返金されます。

次に、中川先生本人による90日間の「無料電話相談」「無料メール相談」です。購入後90日間は、無料で何回でも電話相談、メール相談が受けられます。

最後は、「紛失保証」です。DVDの再生が出来なくなってしまったとか、DVDが割れてしまった、または失くしてしまったときなどの紛失保証が付いています。


さらに、「ひじの痛みを解消する方法」などの9つの特典映像が付いています。


気になるお値段ですが、19800円です。もし痛みの根本の原因を知らず、その最適な治療法も知らずに整形外科や整体院に通い続けたり、薬やサプリメントを飲み続けることに比べたら結果的にはどうなのでしょうか?まして「返金保証」も付いておりますので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

私は、「中川式」でひざの痛みを改善できました。あなたが同じようにひざの痛みから解放されればこれ以上の喜びはありません。

ひざの痛みを驚異的に改善させる「中川式治療法」につきましては、

こちら

をクリックしてください(類似サイトにご注意ください)。

実際に「中川式」を体験された方の体験談をご覧になる場合、各画面中央のボタンをクリックしてください。

ご購入は、ページの中ほどにある「今すぐ膝の痛みを解消します」というバナー(ボタン)をクリックしてください。

お問合せは、こちらまでどうぞ。

posted by バド at 02:52| Comment(8) | ひざの痛み(治療法) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

慢性関節リュウマチによるひざの痛み

ひざの痛みに悩まれる方は、この慢性関節リュウマチに罹っている方もかなりおられます。この病気の特徴は、変形性ひざ関節症とは異なり、全身の関節が炎症を起こすことで、腫れや痛みが生じ、関節が徐々に変形してく難病です。体の免疫不全が原因ということまでは解明されていますが、根本的な治療方法は、現在まだ確立されていません。

発症は、変形性ひざ関節症に比べ20歳からひざの痛み等の症状がみられる方も数多く存在し、最も発生しやすい年代は40代です。慢性関節リュウマチは、最初のうちは手の指に痛みを感じることが多く、その後手首や肩等に痛みが広がります。そして、ひざの痛みや足首といった体の下肢部分に
痛みが広がった時には、病気はかなり進行していると判断されます。

この病気は、熱を伴う腫れや痛みも大変強いので、変形性ひざ関節症との区別は付きやすい病気であると言えます。慢性関節リュウマチの判定方法は、患者さんの関節の炎症程度を血液検査によって
看たり、ひざ関節の関節液の成分を調べることで行います。

確かに、この慢性関節リュウマチは、昔から苦痛を伴う不治の病とされてきましたが、現在では、進行を食い止め、痛みを軽減する治療法も存在します。
posted by バド at 03:02| Comment(0) | ひざの痛み(原因) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひざの痛みに補助具を利用する場合

ひざの痛みを感じると日常生活が苦痛に感じられますし、生活は、歩いたり、座ったり、立ったりと、ひざに負担のかかることばかりです。この日常生活の動作を補助する物に、各種の補助道具が考案されています。

先ずこの補助具の代表格として挙げられるのが、「サポーター」です。サポーターの本来の機能は、ひざを普段から温めることやひざを支える補助的役割を果たしています。このことでひざの痛みを軽減します。
次に挙げられるのが、「足底板」です。この足底板の機能は、ひざにかかる体重を左右均等にして、ひざの痛みを緩和することです。痛みの原因となる日常生活における偏った姿勢の矯正にも効果があります。
特に、ひざの痛みを抱える方に多くみられる極端なO脚の方には、この足低板は効果があります。
O客は、ひざの内側の関節がする減り、ひざの内側に体重が偏ってかかる症状を呈しますが、この足低板の構造は、外側が厚くなっているので、装着すると自然にひざの外側に体重がかかるので、ひざの痛みの軽減に一役買うことになります。

更に、ひざへの負担を軽減する補助道具として、杖があります。杖の機能は、つまずきや転倒を防ぐことの他、歩行時のひざの痛みを軽減する効果もあります。

ただ、これらの補助具の使用は、その症状、度合い、また自分に最適で効果的なものを選定するために専門家の意見を聞いて使用することをお勧めします。
posted by バド at 02:56| Comment(0) | 補助具の利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。